素振り文武両道

バットの素振りの継続についてのブログです。

戯曲スイング その5 『三つの宝』芥川龍之介 第2章

本日は170本バットを振りました。

皆様こんばんは。
いかがお過ごしでしょうか。

今日は芥川龍之介の『三つの宝』を読みながら、バットを振りました。

これまでのあらすじ(第1章)
3人の盗人と王子が3つの宝と普通の高価な物を交換しました。

交換品は次の通りです。

盗人1 何でも切れる剣
→黄金細工の剣

盗人2 身を隠せるマントル
→赤い刺繍入りのマントル

盗人3 どこにでも飛んで行ける長靴
→宝石の入った靴

しかしこれは盗人側の嘘なので、王子は3つのガラクタが手に入った状態です。

今日から第2章です。

舞台は宿屋の酒場『黄金の角笛』です。

 

青空文庫より


⚾︎「黄金の角笛」と云う宿屋の酒場。⚾︎酒場の隅には王子がパンを噛じっている。
⚾︎王子のほかにも客が七八人、──
⚾︎これは皆村の農夫らしい。

宿屋の主人 
⚾︎いよいよ王女の御婚礼があるそうだね。

第一の農夫 
⚾︎そう云う話だ。なんでも御壻になる人は、
⚾︎黒ん坊の王様だと云うじゃないか?
第二の農夫 
⚾︎しかし王女はあの王様が大嫌いだと云う噂だぜ。
第一の農夫 
⚾︎嫌いなればお止しなされば好いのに。

主人 
⚾︎ところがその黒ん坊の王様は、三つの宝ものを持っている。
⚾︎第一が千里飛べる長靴、
⚾︎第二が鉄さえ切れる剣、
⚾︎第三が姿の隠れるマントル、
⚾︎それを皆献上すると云うものだから、
⚾︎欲の深いこの国の王様は、
⚾︎王女をやるとおっしゃったのだそうだ。

第二の農夫 
⚾︎御可哀そうなのは王女御一人だな。
第一の農夫 
⚾︎誰か王女をお助け申すものはないだろうか?

主人 
⚾︎いや、いろいろの国の王子の中には、
⚾︎そう云う人もあるそうだが、
⚾︎何分あの黒ん坊の王様にはかなわないから、
⚾︎みんな指を啣えているのだとさ。

第二の農夫 
⚾︎おまけに欲の深い王様は、
⚾︎王女を人に盗まれないように、
⚾︎竜の番人を置いてあるそうだ。

主人 
⚾︎何、竜じゃない、兵隊だそうだ。

第一の農夫 
⚾︎わたしが魔法でも知っていれば、
⚾︎まっ先に御助け申すのだが、──

主人 
⚾︎当り前さ、わたしも魔法を知っていれば、
⚾︎お前さんなどに任せて置きはしない。(一同笑い出す)

王子 
(突然一同の中へ飛び出しながら)

つづく

ということで、⚾︎ごとに文章を言ってバットを振りました。

ボールは30個。2回繰り返しで60スイングとなりました。

要約すると
酒場の主人と客の噂ばなしによれば、王女が○ん坊の国王と結婚させられようとしている、とのことです。

そしてここでも3つの宝が話に出ました。

本日の素振り文武両道の概要
2022/05/10 素振りの本数 : 170 本
文武両道スイング📚
01:45 +30 本
📄 📄📄ペーパー投げキャッチスイング

02:15 +20 本
🦵🦵スクワットスイング

23:13 +60 本
📖📖📖📖📖 📖 戯曲スイング
『三つの宝』芥川龍之介

23:20 +20 本
ツボスイング
🦵足三里
🫁天突
10スイングずつ

美味しスイング🎑
23:27 +30 本
🍈🍈🍈meigum
ガブリチュウ メロンソーダ味

文武両道スイング📚
23:29 +10 本
🗣うがいスイング

f:id:suburikuroinu:20220510234732j:image

3等分して、10本振って食べました。×3

 

本日もどうもありがとうございました。