素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

俳句スイング 94

本日は160本バットを振りました。

皆様こんばんは。
いかがお過ごしでしょうか。

今日は俳句2句を読みバットを振りました。俳句の部分だけ、30回ずつ繰り返し。

その前に
「草臥て」は「くたびれて」と読みます。

草がふせる、横たわる、寝る、という意味のようです。しんどー、疲れたー、ちかれたびー。

以上の言葉は、張りのない草が弱々しく地面に横たわっている状態なのでしょう。

では、青空文庫より、高浜虚子著『俳句とはどんなものか』を抜粋しました。黒字は高浜虚子さんの解説です。

草臥て宿かる頃や藤の花  芭蕉

芭蕉は日本中を行脚した人で、この句も旅行の句です。今日も何里かの道を歩いたので、くたびれた。人家のある所に出たので、この家に今宵一夜の宿を乞おうと思った。
その時、前に長く垂れている藤の花に目がとまった、というのです。 

 

耕や世を捨人の軒端まで 大魯 

大魯は蕪村の高弟です。

句意は、百姓が畑を打っている、そこに世を捨てた人が庵を結んで住まっている、その人の軒端まで打って行ったというのです。軒端まで打つというのはちょっと変に聞こえますが、その庵の塀もしくは垣まで打って行ったというのと大同小異です。

本日の素振り文武両道の概要
2022/03/02 素振りの本数 : 160 本
文武両道スイング📚
02:08 +20 本
📄📄ペーパー投げキャッチスイング

14:55 +20 本
☕️☕️ドリップコーヒー淹れスイング

美味しスイング🎑
15:01 +30 本
🍛🍛🍛小倉山荘
定家のお気に入りカラーせんべい

文武両道スイング📚
22:55 +30 本
ツボスイング
🦵足三里
🙌腰腿点
🫁天突
💪手三里
👋手心
😁百会

5スイングずつ
23:11 +60 本
🎋🎋🎋🎋🎋 🎋俳句スイング

 

f:id:suburikuroinu:20220302234300j:image 小倉山荘は美味しいです。10振り1個食べました。


本日もどうもありがとうございました。