素振り文武両道

バットの素振りの継続についてのブログです。

短歌スイング24 みだれ髪 みだれ箱

本日は150本バットを振りました。


皆さま、こんばんは。
いかがお過ごしでしょうか。


今日は短歌でバットを振りました。

 

(色付き文はバットを振った、つまり「素振り文武両道」の箇所です)


青空文庫 与謝野晶子 
みだれ髪 より

 

堂の鐘の ひくきゆふべを 前髪の
桃のつぼみに 経たまへ君

 

紫に もみうらにほふ みだれ篋を
かくしわづらふ 宵の春の神

 

と言う事で、どちらも5つに分け、3回ずつ、「言って振る」をしました。

なので30本の素振りでした。

 

繰り返します。

 

堂の鐘の
堂の鐘の 
ひくきゆふべを
ひくきゆふべを 
前髪の
前髪の
桃のつぼみに
桃のつぼみに 
経たまへ君
経たまへ君


紫に
紫に
もみうらにほふ  
もみうらにほふ
みだれ篋を
みだれ篋を
かくしわづらふ
かくしわづらふ
宵の春の神
宵の春の神


もみうら 【goo国語辞書より】

紅絹 (もみ) を着物の裏地に使うこと。また、その裏地。


もみ 【ウィキペディアより】

紅絹(もみ)とは絹織物の一種。真赤に無地染めにした薄地の平絹のことをいう。

ウコンで下染めしたものをベニバナで上染めして仕上げる。花をもんで染めることから「もみ」と名がついた。


乱れ箱 【goo国語辞書より】

畳んだ衣類や手回り品などを一時入れておく、漆塗りでふたのない浅い箱。


引用文から抜粋した以下の4文でも、バットを振りました。
10本ずつで、40本。


もみうら は、もみの着物の裏地

紅絹(もみ)とは絹織物の一種

花をもんで染めるから「もみ」

みだれ箱は蓋のない浅い箱

 

f:id:suburikuroinu:20201227212129j:image

窓際でポーズをとる
ウィキペディアより


本日の素振りの概要

2020/12/27 素振りの本数 : 150 本


美味しスイング🎑

15:20 +30 本
🍋🍋🍋アサヒ ミンティア
ハーブ&レモン

 

15:20 +30 本
🍓🍓🍓アサヒ ミンティア
ストロベリー


文武両道スイング📚

17:25 +20 本
😁😁「楽しい」連呼

 

20:15 +30 本
🎋🎋🎋短歌スイング  与謝野晶子

 

20:40 +40 本
📖📖📖📖語句の説明スイング

 


それでは、皆さま、大掃除の準備など、忙しいところ、どうもありがとうございました。