素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

キッズブロック ミニバード2 英語トランプ 『あるがままに』文芸社

 

本日は160本バットを振りました。


こんばんは。

 

本日は3点、お話があります。


1英語トランプ

2キッズブロック

3『あるがままに』

あるがままに

 


第1話

まずは♠️♠️♠️♣️
英語トランプスイング
をしました。


英語トランプの山札から1枚めくると英単語pianoが出ました。


pianoピアノ🎹


最初からの3つのアルファベットは、満塁のランナー達とします。


3塁ランナー「p」パイレーツで海賊
2塁ランナー「i」アイスクリーム屋
1塁ランナー「a」エンジェルで天使


つまり海賊さん、アイスクリーム屋さん、天使さんはチームメイトです。


この状況設定で3本バットを振りました。


次のnとoは投球のコースをイメージします。


左バッターの場合です。


第1球「n」外角
「n」の縦線が左側なので外角


したがって外角を打つつもりで1振り


第2球「o」真ん中
「o」は左右対称なので真ん中


真ん中を打つつもりで1振り


というわけで、5本バットを振りました。


20本になるまで繰り返しました。

 

次のトランプ「desk」つくえの場合


3塁ランナー、ドラゴンd、❶振り
2塁ランナー、イーグルe、❶2
1塁ランナー、スワローs、❶3


つまり龍、鷲、燕と同じチームです。
バッターは私、黒犬。


第1球投げました。
アウトコースを打ちました。❶4


「k」は左側に縦線なので左バッターの私からすると外角になります。


これで4本振りまして、もう1本「desk」と言って振りました。❶5

 

次に現れたるは「cap」帽子。


3塁
カープで鯉のぼりを持っている人

2塁
アスレチックスのインストラクター

1塁
フィリーズフィラデルフィアの住民


つまり1塁ランナーはアメリカ人。チームの心強い助っ人です。


3文字なので、ランナーだけで、投球コースは無し。


3×3+1=10スイングです。

 

第2話

バットを振りながらブロックを組み立てています。


コザクラインコオカメインコのブロックです。


それで、オカメインコはオウムであると先日知ったのですが、


インコとオウムの違いを調べると、


大きさ

鳩より小さいのがインコ
鳩以上がオウム


オウムの中では、オカメインコが最小との事で、鳩と同程度の大きさです。


インコの方がカラフル


出身地

インコはオーストラリア
オウムはアフリカ


ということらしい。
例外はあるかもしれません。


ということで、私は野球とソフトボール発展を願い、素振りとブロックを組み合わせています。


もしブロガーに専念するなら、目標1000文字書くと設定して、


100文字につき5ブロック繋げるとかすれば、


ブログ執筆も楽しくなるのではないかと考えています。


第3話

いつも青空文庫を読みながらバットを振っていますが、

本日は新刊書です。
『あるがままに』文芸社
蒼乃かすみさん著


登場人物の名前や属性、行動シーンや台詞などを、思い浮かべてバットを振っています。


この書籍は、私が生まれて初めて、インターネットショッピングをしたという、曰く付きの小説です。


本日の素振りの概要

2020/07/24 素振りの本数 : 160 本
文武両道スイング📚

13:45 +40 本
♠️♠️♠️♣️英語トランプスイング
piano×2 desk cap


15:38 +50 本
🦜🦜🦜🦜🦜
キッズブロック ミニバード


18:27 +50 本
📘📘📘📘📘読書スイング
『あるがままに』蒼乃かすみさん著
文芸社


素振り収穫祭🎑

19:53 +20 本
🍍🍍ブルボン ショコラエリーゼ
ゴールデンパイン

 

f:id:suburikuroinu:20200724205537j:image

コザクラインコ作成中