素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

文豪スイング64 ファーブル そして ミニサラダ

本日は100本バットを振りました。


理科系の皆様、こんばんは。


本日の文豪スイングは
『ファーブル昆虫記』ではなく、


そのファーブルさんの著作
『科学の不思議』
です。


しかし、翻訳者、伊藤野枝さんの前書き部分の抜粋で終えています。


いい言葉ですねー「抜粋」。
ネイティブの「バットスイング」に聞こえるので。


ファーブルさんの文章の訳は、いづれ機会があれば、バットを振りながら紹介します。


その前に、これを選んだのは、文武両道とは言いながら、最近は「理科」がお留守になっているからです。


私は理科より、どちらかと言えばリカちゃん人形の方が好きかも知れない。


まぁ、たまには科学作品を読者し、バットを振ろうと思った次第です。

 

青空文庫より抜粋


『科学の不思議』
STORY-BOOK OF SCIENCE

アンリイ・ファブル 
Jean-Henri Fabre

大杉栄伊藤野枝


ポオル叔父さんの解いてくれる

世の中の不思議な謎は、③

何と云ふ巧妙さで、②5

そして無雑作に ②7

出来てゐるのでせう。

どんな事だつて、

どんなつまらない事だつて、②9

よく調べ、よく考へて見ると、③12

驚く程意味を持つて生きて来ます。
④16

兄さんのジユウルや、一番姉さんのクレエルは

叔父さんのお蔭で②18

どれだけ悧巧になり、②20

注意深く物を観、②22

またよく考へるようになつたか②24

お婆あさんのお伽話には倦きてしまひましたが、②26

ポオル叔父さんの

本当の事についての話には③29

倦く事を知りませんでした。③31

人間の

眼につくもの、②33

耳にするもの、②35

何一つとして

不思議でないものがありませう。
③38

不思議に思はないのは、

無知に馴れてゐるからです。③41

一度此の不思議な世界の②43

本当の姿を知りはじめたら、②45

此の世の姿は

全くちがつたものに②47

なつて来るでせう。③50

 

ハイここでストップ。


2つの数字はバットを振った数とその累計を並べたということです。


文の後ろに数字が無いのは、読むだけで振っていません、


というのも、メリハリを付けて読みたかったのです。


これは小学生向きですね。流石はファーブルさん、虫も子供も好きなのでしょう。

 

と思っていたら、学校教師でもあったのです。

 

恐れ入りました。

 


本日の素振りの概要

2020/07/09 素振りの本数 : 100 本
素振り収穫祭🎑
15:57 +20 本
🥗🥗三幸製菓 ミニサラダ


文武両道スイング📚
15:59 +30 本
⛑⛑⛑「安全第一」連呼


19:21 +50 本
📝📝📝📝📝文豪スイング
ファーブル『科学の不思議』

 

f:id:suburikuroinu:20200709203914j:image

ジャン=アンリ・ファーブル

ウィキペディアより

 

f:id:suburikuroinu:20200709204008j:image

三幸製菓  様

ありがとうございます。美味しくいただきました。