素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

西郷隆盛の言志録1

本日は100本バットを振りました。


文豪の文章を読んでバットを振っていますが、佐藤一斎さんの『言志四録』という膨大な文献から西郷隆盛さんが、選んだ文章を読んで振っていこうと思ってます。


本日は最初の3つの言葉を言いました。


青空文庫より

『南洲手抄言志録』
『言志録』佐藤一齋・秋月種樹(古香)山田濟齋訳


游惰を認めて以て寛裕と爲すこと勿 れ。【20】本スイング


嚴刻を認めて以て直諒と爲すこと勿れ。【20】


私欲を認めて以て志願と爲すこと勿れ。【20】


以上60本バットを振りました。


游惰(ゆうだ) 遊びほうけること
寛裕(かんゆう) 心が広いこと


遊惰はショート内野安打ではございません。


遊びほうけている事に気づいた時、俺は心が広いとしては行けません。


バットの素振りだけなら、游惰と思いますので、何か言って、又は何か聴いて振って行く所存です。


しかし素振りだけだと、飽きると思います。一般的な遊惰は飽きないのでしょう。

 

嚴刻(げんこく)きびしくむごいこと
直諒(ちょくりょう) 正しくて誠意があること


自粛警察の人、むごい事をしているのに、自分が正しいと思っているでしょう。しかし嚴刻を認める事が出来ないのでしょう、タチが悪いです。


私欲(しよく)自分だけ利益を得ようとする心
志願(しがん)希望して願い出ること


「私欲」については、単なる欲ボケと思っていました。


これからは他人の利益を考えるようにします。


本当かどうか知りませんが、西郷隆盛島流しになり、牢獄滞在中に『言志四録』を読んでいたらしく、


私もそれに倣い、家に牢獄されている今、読んでみます。

 


本日の素振りの記録

2020/05/24 素振りの本数 : 100 本
文武両道スイング📚
18:37 +60 本
📝📝📝📝📝 📝
西郷隆盛の言志四録


18:47 +20 本
🏯🏯🏯百名城 復習 北海道3城


18:51 +20 本
🌏🌏世界の国々人口多い順 復習


百名城は北海道に3あります。
「眠たいゴリラが松の前」

と覚えています。

根室半島チャシ跡郡
五稜郭
松前城

の3つです。


国別人口多い順。
これは、かつて上位30ヶ国を覚えました。その復習で、今回はトップ3です。

中国、インド、アメリ


となります。


覚え方は忘れました。しかし覚えているのでこれで良いのです。


テストなどで、覚え方を答えよ、と言う問題はあり得ませんので。


しかし敢えて今一度、覚え方を考えました。


中国🇨🇳→昼食
インド🇮🇳→インドア

➡︎昼食をインドアで食べる


インド🇮🇳→インドア
アメリカ🇺🇸→雨

➡︎インドアに入ったのは雨が降って来たからだ。

 

 

f:id:suburikuroinu:20200524203348j:image