素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

百名城26 九州パート2

本日は60本バットを振りました。


私は普段、無口な方ですが、バットを振る時は、お喋りです。


本日もバットを振っては喋りました。


先ずは、


なごり雪
吉野ヶ里遺跡に降ってる」


と喋りバットを振りました。


次は、
吉野ヶ里遺跡でサッカーをする」


その次
「サッカーボールが
ピラミッドを転がる」


以上ですが、それぞれ20回ずつ繰り返しました。


ということで、お城の名前を学習すると同時に、バッティング練習をしました。


文武両道を目指しているので。

 


さて、百名城は九州に13ありますが、昨日と本日で6つの城を学びました。


復習します。


コーチ(四国地区、高知城)と
ブックオフ福岡城)へ行く。


ブックオフ
大乃国関(大野城)が現れる。


大乃国関が
なごり雪』(名護屋城)を歌う。


なごり雪
吉野ヶ里遺跡に降っている。


吉野ヶ里遺跡
サッカー(佐賀城)をする。


サッカーボールが
ピラミッド(平戸城)を転がる。


解説
佐賀城をサッカー
平戸城をピラミッド
と変換してます。


吉野ヶ里遺跡はそのままで変換せず。
というのは、吉野ヶ里遺跡の風景が有名過ぎて頭にあり、


変換は却って邪魔かなと思うので。


また、数ある遺跡の中で、「お城」として認可される唯一の場であるし、


百名城では、1番古いでしょうから、特別と言えます。


なごり雪が降る吉野ヶ里
吉野ヶ里でサッカー」


このイメージが出来れば良いのです。


平戸城」の難しい所は濁るかどうかです。「ヒラド」か「ヒラト」か?


正解は濁ります。


都合良く「ピラミッド」の「ド」が濁るので、幸いしました。


本日の素振りはこれだけです。

2020/05/22 素振りの本数 : 60 本
文武両道スイング📚
17:44 +60 本
🏯🏯🏯🏯🏯百名城
吉野ヶ里遺跡 佐賀城 平戸城

 

f:id:suburikuroinu:20200522201354j:image

平戸城

 


今回まさかの甲子園大会が中止となりました。


高校3年生が1番可哀想ですが、大人の監督や指導者も可哀想です。


ウィルスでの中止など、誰も考えられませんので。


米騒動、戦争が理由の中止に、ウィルスが加わりました。


さらに第4、5の中止理由を想定してみると、地震津波だと思います。

 

しかしこれだけでは不十分で、米騒動と戦争の再発も頭に入れます。


ということで、私は100年に4回程度の中止は有ると思うようにします。


日本が仕掛ける戦争は無いですが、中国共産党ならあり得ます。


しかし監督たる者、「甲子園出場」の目標を弱めたりしないで欲しいです。