素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

文豪スイング41 『野球時代』2回目

本日は170本バットを振りました。


本日の文豪スイングは、寺田寅彦さんの『野球時代』の2回目です。


まず素振りをしやすいように、要点を箇条書きにし、それを読み上げてバットを振りました。


部屋のドアを押しあけてのぞくと➓

そこには若い人たちが集まり➓

ラジオの放送を聞いている➓

なんの放送だか彼にはわからない➓

早慶野球戦の放送だという➓

彼はさびしい心持ちがした➓

自分の周囲には自分の知らぬ間に➓

新しい世界が広大に発展していて➓

自分に親しい人たちの多数は➓

みんなその新しい世界に生きている➓

 

以上100本振りました。

 

感想文

世間では野球が流行っているが、自分はまだ知らないという状況描写です。

早慶野球戦の放送と知って、みんな野球という新しい世界に生きている。

だから、さびしい。


これは私の7歳の頃と全く同じです。


野球以外でも似たことがありました。


およげ!たいやきくん』が流行り始めた頃、なんの関心もなかったが、

クラスメイトがレコードを買った。
「あーそう」

次の日、別の2人が買った。

「へーそう」

次の日、別の1人が、
「オレは、もう1カ月前に買ったよ」

「えーそう」

次の日、別の1人が
「歌詞覚えたわ」

「えー本当?」


さびしかったので、親に買ってもらいました。

 

mixiが流行り始めたころも、同じような感じでした。


ということからして、野球は面白いものと、決まっているはずです。


なのに野球人口減少なのは、公園に設置された看板が悪いのだと思います。


作戦としては「野球禁止」の看板にタオルを掛けて、野球をします。


誰かに注意されれば「野球だめなのですか?」とトボける。


看板にタオルを掛けるとは何事や!


と言われたなら、


「俺ちゃうで」とか「私では無い」とか言って、タオルはそのままに引き揚げる。


夜中にタオルを回収する。タオルは無いかも知れませんが。


無ければ警察へ行ってこう言います、
「一張羅のタオルをパクられました」


そして被害届を出す。

 


ということで、読書感想文のつもりが途中でズレ出しました。


2020/04/25 素振りの本数 : 170 本
素振り収穫祭🎑
18:44 +30 本
🍈🍈🍈共親製菓
フルーツの森


文武両道スイング📚
18:48 +20 本
😁😁「楽しい」連呼


18:52 +20 本
⛑⛑「安全第一」連呼
19:03 +100 本

 

『野球時代』 原文

「ある部屋のドアを押しあけてのぞくと、そこにはおおぜいの若い人たちが集まって渦巻く煙草の煙の中でラジオの放送を聞いているところであった。それはなんの放送だか彼にはわからなかった。
《中略》
早慶野球戦の放送だというのであった。
 彼はなんだかひどくさびしい心持ちがした。自分の周囲には自分の知らぬ間に自分の知らぬ新しい世界が広大に発展していて、そうして自分にもっとも親しい人たちの多数はみんなその新しい世界に生きている」

 

f:id:suburikuroinu:20200425204637j:image今日はこれで振りました。