素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

文豪スイング36 梨田さん、片岡さん、頑張れ

文豪スイングと言う事で、文豪の文章を読みながらバットを振っています。

 

本日は240本バットを振りました。


今流行りの「ながら読書」の一形態であります。


『犬の王様』という話を読みながら、バットを振りました。


5W1Hに分解して上で振りました。


when いつ?「むかし」❺
where どこ?「ある国で」❺
who だれ?「王様が」❺
what なに?「お妃を」❺

how どのように?

「家来がどんなにおすすめしても❺お迎えにならない」❺

why なぜ? わからないので振らず


「why なぜ?」が分からないのは、


つまり「お妃を迎えない理由」が、この物語の中核となりますので、ここで言うわけには行かないのです。


と言う事で、30本振りました。


青空文庫より

『犬の王様』 夢野久作

「むかしある国に独り者の王様がありました。家来がどんなにおすすめしてもお妃をお迎えにならず、お子様もない代りに一匹の犬を育てて毎晩可愛がって、「息子よ息子よ」とよんで、毎日この犬を連れては山を歩くのを何よりの楽しみにしておいでになりました。 そのうちに王様はちょっとした病気で亡くなられましたが、その御遺言には「俺が死んだら息子を王様とせよ。そうしたら俺が妃を迎えなかったわけがわかるであろう」との事でした」


以下は素振り文武両道の続きでが、
5W1Hというのは、一概に言えないわけで、複雑に絡み合っています。


別のパターンの5W1Hでバットを振ってみました。


いつ?「毎日」「毎晩」❽ 本振り
どこ?「ある国」❷
だれ?「王様」なに?「犬」❺
どのように?「育てて」❺
どのように?「息子よと呼んで」➓
どのように?「連れて山を歩き」➓
なぜ?「楽しみだったから」➓


ということで、文豪スイングはトータルで80本バットを振りました。


本日は他を含めて次の通りです。


2020/04/15 素振りの本数 : 240 本
素振り収穫祭🎑
15:00 +40 本
🍵🍵🍵🍵明治メルティーキッス
初摘み濃抹茶


15:36 +20 本
🐉🐉龍角散
のどすっきりタブレット


文武両道スイング📚
16:09 +50 本
🏟🏟🏟🏟🏟
「梨田頑張れ」連呼
16:14 +50 本
🏟🏟🏟🏟🏟
「片岡頑張れ」連呼


19:08 +80 本
📝📝📝📝📝 📝📝📝
文豪スイング
『犬の王様』夢野久作