素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

文豪スイング29 青髭

本日は140本バットを振りました。

 

2020/04/01 素振りの本数 : 140 本
文武両道スイング📚
00:09 +20 本
🏠🏠生活 着替え


19:10 +120 本
📝📝📝📝📝 📝📝📝📝📝
📝📝文豪スイング


ペリーさんは黒船でやって来ました。
ペローさんは青髭を著しました。


というわけで、本日はペローさんの昔話でのバットスイングです。


青空文庫より

 

『青ひげ』 ペロー    楠山正雄訳  

 

「昔々、町と田舎に、大きな屋敷を構えて、金の盆と銀のお皿を持って、きれいなお飾りとぬいはくのある、椅子、机と、それに、総金ぬりの馬車までも持ってている男がありました。こんな幸せな身分でしたけれど、ただひとつ、運の悪いことは、恐ろしい青髭をはやしていることで、それはどこの奥さんでも、娘さんでも、この男の顔を見て、あっといって、逃げ出さないものはありませんでした」


この文章を以下の様に読みながらバットを振りました。


町と田舎➓本スイング
大きな屋敷➓
金の盆と銀の皿➓
椅子と机➓
純金塗りの馬車➓
幸せな身分➓

 

金、銀、純金、青➓

(色を表す単語です)

 

いつ?昔々❺
どこ?町と田舎❺
だれ?青髭の男❺
なに?屋敷と馬車❺
なに?盆、皿、椅子、机❺

だれ?どの奥さん、娘さん❺
どのように?あっと言って逃げる❺
なぜ?青髭が恐いから❺

 

ぬいはく➓

 

これで120本、バットを振りました。


「ぬいはく」の意味がわかりませんでしたので、大辞林で調べました。

 

ぬい はく 縫箔

 

刺繡(ししゆう)と摺箔(すりはく)の技法を併用して文様を表すこと。

 

摺箔(すりはく)
金箔・銀箔を布に貼りつけること。

 


読書感想文

恐いから逃げられる、人を寄せ付けない主人公の青髭ですが、

新型コロナウィルスにもかかりにくいでしょう。

私もいっその事、マスクした上に、青い髭の覆面を被り、外出したろかと思ったのですが、

逆に珍しがられて、人が寄ってきて集団を成すと危ないので辞めます。

しかし人を寄せ付けないのに大金持ちというのは、商売道から外れていると思います。

多分遺産相続なのでしょう。

もしかすると、ネットで大儲けした有名なブロガーかな。

とりあえず、後で最後まで読みます。