素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

英単綴り打ち20 宝塚歌劇団より

2019/10/10 素振りの本数 : 200 本
素振り収穫祭🎑
21:32 +50 本
🍊🍊🍊🍊🍊アサヒミンティア
アクアスパーク


文武両道スイング📚
21:53 +110 本
✍️✍️✍️✍️✍️ ✍️✍️✍️✍️✍️ ✍️
英単綴り打ち 宝塚のブスの25箇条
5,6,7,8,9,10条より


22:06 +40 本
🗼🗼🗼🗼早口言葉
東京特許許可局

本日は200本のバットの素振りをいたしました。

 

ミンティアを食べ、英単語を綴り、早口言葉で喋りを磨こうとしました。

 

本日の英単語は、宝塚のブスの25箇条より単語5つを抜粋し、英語にしましてバットを振りました。


6条「口がへの字をしている」 mouth
7条「自信がない」 confidence
8条「希望や信念がない」 hope
9条「自分がブスであることを知らな
い」《醜い》ugly
10条「声が小さくいじけている」 voice

 

解説します。(フィクションですので、間に受けないよう願います)

 

mouth マウスですがma始まりではない。なぜoか?これは「口(くち)」が丸くなっただけの話です。口がへの字になっていてはブスなのです。
さらに「ス」が「s」でなく「th」。
これは「h」が歯ブラシに見えるので「th」です。よく歯をみがき、口の中を綺麗にしましょう。
「t」は無視してもいいです。

 

confidence 覚えるのは大変です。「k」でなくなぜ「c」か?これだけ分かっておきます。「ジシン」の「シ」が「シー」だから「c」。
「ジシン」の中に「k」を連想させるものはひとつも無い。

 

hopeは希望ですが、漢字しりとり方式で後ろの「望」に注目。「ぼう」が澄んで(濁らないで)「ほう」となり「ほうぷ」と覚える。

 

uglyは「l」が「r」では無いところだけ勉強します。
『醜いアヒルの子』のオチは、実は白鳥だったということです。アヒルと白鳥では首の長さが違います。アヒルは「r」ほどの長さで、白鳥は「l」ほどでアヒルの首より長いのです。

 

voice これは「v」か「b」か、と
「c」か「s」かが分かればいいでしょう。「v」は上を向いて口を開けている形で、「c」は右を向いて口を開けて「声」を出しているのです。
「bs」どちらも出てくる隙がない。

 

結局のところ、英語の困難なところは、lかrを筆頭に、cかkか、またcかsかthか、aかoか、分からないのです日本人の私には。

 

中2の頃、これにつまずいて、やる気を無くし19点しか取れず追試、ということが3回はありました。

 

野球部だったので、誰か大人が「素振り文武両道」を教えてくれていたら、「英単綴り打ち」を教えてくれていたら、どれだけ助かったか。

 

しかしそんなもの、誰も知る由しもないので、全然良いのですが。