素振り文武両道

バットの素振りについてのブログです。

日本の山23 大リーグ復習など

2019/09/26 素振りの本数 : 220 本
素振り収穫祭🎑
22:02 +50 本
🍫🍫🍫🍫🍫アサヒミンティア
チョコミント

 

文武両道スイング📚
22:10 +60 本
⛰⛰⛰⛰⛰ ⛰
日本の山 58,59,60位

 

22:16 +40 本
🗣🗣🗣🗣早口言葉
「青巻紙、赤巻紙、黄巻紙」

 

22:22 +40 本
😁😁😁😁「楽しい」連呼

 

22:40 +30 本
🏟🏟🏟メジャーリーグ地名

 

以上で本日は220本バットの素振りを行いました。

本日の素振り文武両道のテーマは、日本の山バットスイングです。

高さ58、59、60番目の山の名前を言いながら、60本バットスイングをしました。

58位 東天井岳(ひがしてんしょう)
59位 抜戸岳 (ぬけど)
60位 杓子岳 (しゃくし)

「東天井岳」と言ってバットを1振り、これを20回繰り返し、以下同様にしました。

これらを物語風にして覚えるには、

東の天井から
抜け出すと
杓子に蹴つまずいた

としました。

51位からストーリーを語ります。

黒部ダム黒部五郎岳)の
横(横岳)で
祖父(祖父岳、じいだけ)が
針(針ノ木岳)を踏んで
大騒ぎ(大沢岳)している時に
ウサギ(兎岳)と
ゴリラ(五竜岳)が
東の天井(東天井岳)から
抜け(抜戸岳)出して
杓子(杓子岳)に蹴つまずいた。

この中で読みに注意が必要なのは、東天井岳で、「ひがしてんしょうだけ」と読み、天井は「てんじょう」と、「し」が濁ります。

ウサギとゴリラの順番は、「ウ先」と「後リラ」で解決します。

さて、この後は早口言葉を言いながらバットを振ったのですが「青巻紙、赤巻紙、黄巻紙」を久しぶりに言いました。

久しぶりなので、「きまきまき」と何度も言いました。今後はもう少し頻度を増やしたいです。

 

そして復習ですが、メジャーリーグの本拠地の地名を30球団言いながら、バットを振りました。

 

本日は以上です。