素振り文武両道

バットの素振りの継続についてのブログです。

英単綴り打ち13

2019/09/21 素振りの本数 : 50 本
文武両道スイング📚
21:51 +50 本
✍️✍️✍️✍️✍️英単綴り打ち
W杯ラグビー出場国

 

本日は50本バットの素振りをやりました。

時間のない時は、50に限ります。
本日、明日、明後日と朝6時起きのため、これ以上やる必要は無いです。

 

本日もW杯ラグビーの国名です。

6ヶ国のアルファベットを綴りながら振りました。

ウェールズ
アイルランド
スコットランド
イングランド
フランス
イタリア
英語では、39文字です。
西ヨーロッパという、くくりです。

これにラグビーrugbyと
ノーサイドno sideを素振りしましたので、50スイングとなりました。

 

では復習と予習をしてみます。

 

復習その1
日本
ニュージーランド
オーストラリア
南アフリカ
アルゼンチン

以上は開催国プラス前回ベスト4

開催国はいちいち説明するまでもなく、日本です。japan。

前回ベスト4は全て南半球で、大陸に上手く分かれています。

南極大陸オーストラリア大陸、アフリカ大陸、南アメリカ大陸です。

南極大陸といのは、冗談ですが、笑っている場合ではありません。
ニュージーランドを代役にします。
New Zealand

オーストラリア大陸からは、オーストラリアです。Australiaこれ以外にありません。

アフリカ大陸は南アフリカSouth Africaです。

南アメリカ大陸から、アルゼンチンArgentine。

これで5ヶ国。

 

復習その2
前述しましたアフリカ大陸と南アメリカ大陸から、実はもうひとつづつ出ています。
ナミビアNamibiaアフリカ大陸
ウルグアイUruguay南アメリカ大陸

これに3つ足します。太平洋の島々が3ヶ国です。
フィジーFiji
トンガTonga
サモアSamoa
これで10ヶ国となりました。

 

残りの10は、6と4に分けます。

6は西ヨーロッパです。
これは6ヶ国対抗ラグビーという、伝統的な大会があり、常にこの6ヶ国が出場しています。
ウェールズWales
アイルランドIreland
スコットランドScotland
イングランドEngland

ここまでは、いわゆるイギリスです。
正式名称「グレートブリデン及び北アイルランド連合王国」です。

フランスFrance
イタリアItalia

 

予習
残りの4ヶ国はまだ素振りをしてませんので、予習です。

米ソ冷戦をイメージして下さい。
アメリカと旧ソ連から2つずつ。

アメリカAmerica
カナダCanada
以上北アメリカ大陸

ロシアRossiya
ジョージアGeorgia
以上旧ソ連

旧ソ連という言い方が、時代錯誤もはなはだしいとの批判がありそうですが、覚えやすくするための手段として採用しました。

覚えやすいと言っても、地理に詳しくなければ少し難しいので、その辺はI'm sorryということにして下さい。

 

大まかに繰り返します。

まずは5。
開催国と前回ベストフォー各4大陸

さらに5
アフリカ大陸と南アメリカ大陸各1
プラス太平洋3つ。

6ヶ国
西ヨーロッパあるいは6ヶ国対抗ラグビー

 

最後の4ヶ国

アメリカと旧ソ連2ずつ。

 

5,5,6,4で20ヶ国です。

 

本日は以上です。